ウーマン

求人業界のなかでも注目を集めるトラックのドライバーの仕事

施工管理という仕事

作業員の女性

資格を持っていると、就職や転職などの求人に強いといわれます。その中でも、施工管理という求人を目にすることがありますが、どういう仕事なのでしょうか。難しそうな特殊な資格を必要とする仕事のようなイメージもありますが、具体的にみていきましょう。
施工管理とは、建設現場の仕事になります。設計から施工までを管理する仕事です。専門的な教育を受けずとも、未経験者の採用も多くあるといいます。実際に、学校などで学ぶよりも、現場で覚えるといったスタンスが重要になるようです。資格といえば建設機器施工技士や土木施工管理技士、造園施工管理技士など6種類に分類されます。さらに、それぞれの資格で1級と2級に分かれています。現場を仕切ることができる主任技術者は、1級を取得する必要があります。
そういった求人を探す場合は、実際の現場や企業を訪問して、実際に見てから決める方法もあります。しかし、最近ではインターネットの求人サイトや、企業のホームページからも情報を詳細に得ることできます。施工管理という仕事の特性から、まずは一度実際に興味を持った会社に訪問してみることが大切だといえます。ゼネコンや、下請け業者、作業員など仕事で関わる人が多く、業務も多岐にわたるため、コミニュケーションスキルは大前提で必須となります。スケジュール管理はもちろん、日頃から人と接することを大事にできる人が、この施工管理の仕事を始める上では、重要になってくるのです。